プラネードでは塩素処理を施したウールは使用いたしません。

ウールは洗濯機と乾燥機を使用すると、フェルト状になり縮みの原因となります。
ウールの繊維の表面に塩素処理を施すことにより洗濯機で洗濯できるウールが
開発され、市場に出回っています。
しかし、ウールの塩素処理加工で出る廃水は環境問題を引き起こす化学薬品を含む為
プラネードでは使用いたしません。
プラネードの使用するウールは
貴重な自然の恵みの素材です。
塩素処理済みのウールで作った衣類が消費者に危険をもたらすことは
ないそうですが、塩素処理済みウールが引き起こす産業廃水が環境破壊に
つながっていくことが問題と考えております。


プラネードナチュラルウールの仲間たち


★エクストラ  スーパーファインウール&カシミヤ★

エクストラスーパーファインウールとは、ニュージーランドのマウントクックの山岳地帯で

飼育されたファインメリノのうち、16.5マイクロンクラスの超極細ウールをよりすぐったものです。

その希少なウールとカシミヤをブレンドした、ピュアウールとしては限界に近い細番手です。

よりソフトな手触り、軽くて暖かなウールをお楽しみください。

カシミヤはなぜ暖かくてチクチクしないか?

その秘密は、カシミヤ山羊が山岳地帯で厳しい自然環境下(日中と朝晩との

寒暖差が大きいことも含めた)に生育していることと、その繊維の細さにあります。

その繊維の太さは15〜16マイクロン(1マイクロン=0.001mm)という超極細です。

春に3歳から6歳までのカシミヤ山羊の内側の柔らかい産毛を櫛で梳いて

集めるため、 一頭からたった150gぐらいしか取れません。

セーターを1着作るのに3頭分以上が必要ですので、本当に希少価値があります。


エクストラスーパーファインウールとは

ニュージーランドのマウントクックの山岳地帯で飼育された ファインメリノのうち、

カシミヤに匹敵する16.5マイクロンクラスの超極細ウールをよりすぐったものです。

世界でもっとも高価な羊毛といわれ、メンズのスーツでも高級素材とされております。


★ベビーアルパカ & SRS ウール★

プラネードは2012年からオーガニックコットンにコーディネイトしていただける
暖かくて柔らかなベビーアルパカ & SRS ウールの糸を使用したアイテムを
ご用意いたしました。

ベビーアルパカとは

南米のアンデス山脈に生息するアルパカの生後3ヶ月以内の

柔らかい毛だけを櫛ですいて取った、たった1回だけしか採れない

貴重な素材です。

その毛は細く柔らかいカシミヤに似ていますが、丈夫な質感があり、

はるかに保温性のある暖かい特徴があります。


SRSウール( ソフトローリングスキンウール)とは

「大きく深いクリンプと長い繊維、均一な太さ」を特徴とし、ソフトでスムースな

風合い、 肌触りがよくチクチク感が少ない豪州産高級羊毛です。


この2素材を混紡することで、お互いの風合いが生かされています。

どちらも貴重な自然の恵みの素材ですので

ナチュラルな風合い、暖かさを感じて 長く大切に着ていただけたら、

たいへん嬉しいです。


プラネードの画像および文章の無断転載はお止め下さい